アシュラ (DVD) 2012年

POINT:- これを美麗に描く意味はちょっとわからない。

あらすじ:
平安時代の飢饉のとき、アシュラの母は空白に耐え兼ね、赤ん坊のアシュラを焼いて食べようとしたが、その時の落雷でアシュラは川に落下し、一命を取りとめた。アシュラは獣同然に一人で生きていくことになる。
監督:さとうけいいち


ジョージ秋山原作の漫画は既読。かなりの原作好きが力入れて作ったような印象ですが、この映画で絵が綺麗とか3D多用するっていうのはちょと違和感があるなあ、ていうか綺麗にする必要なくね?3Dのせいか痩せこけた女も妙につやつやしてるし、浮かぶ仏像なんか違うジャンルの作品じゃないんかと思ってしまったり。漫画より女の人が綺麗(というか漫画の登場女性が軒並み貧相で汚いんですが)だったりはする。女視点でしかも艶々してるので悲壮感がない、というのはちょっとテーマ違うんじゃないの?若狭はもちょっと葛藤を描かないと。女関連の話が多くて七郎や子供たちの絡みが全くないのも残念。坊主はやっぱりクレイジーである。この作品を見て気に入ったら、是非原作を読んでほしいところです。緊迫感が全然違います。

アシュラ 【DVD】

アシュラ 【DVD】
価格:5,011円(税込、送料別)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索