フライト・デスティネーション (DVD) 2007年

POINT:☆ 理屈的には結構面白い。アルバトロス加点。

あらすじ:
あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!「墜落して大破した飛行機を調査していたら、それは自分が乗っていた飛行だった。」な…何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった…・。
監督:ジェイソン・ボルク キャスト:ジェイソン・プリーストリー、ルー・ダイアモンド・フィリップス、ガーウィン・サンフォード、ゲイリー・ハドソン、ステファニー・フォン・フェッテン


パラドックス系SFの話で、SFの設定自体は古典的なものながらも、2つの時世を緊迫感を保ちながら描きつつ、しかも細かい会話を駆使して理屈的にはなかなか整合性がとれている、稀有な作品。ちょっと舌足らずでわかりにくい部分はあるかもしれないが、普通は大ざっぱにしか検討されないSFなのにちゃんと理屈を考えているところはなかなか好印象。ただし、ジャンル的にはアクション依りで、だからこそ細かい粗も気にならずうまくいっているのかもしれない。CGとかは怪奇大作戦ばりにチャチいし最後の方まで適当展開だけれども、思ったよりB級っぽくて面白かった。死にそうになってる人に対して大勢の命を助けるために情報を出せと迫るのはなんかスゴイと思った。

[DVD] フライト・デスティネーション

[DVD] フライト・デスティネーション
価格:3,914円(税込、送料別)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索