スウィングガールズ (DVD) 2004年

POINT:- いつもの路線。

あらすじ:
吹奏楽部の部員が全員食中毒で倒れ、音楽をやったこともない友子達がピンチヒッターとして楽器を持つことに。吹奏楽部が復帰した後も、友子達はジャズの楽しさに目覚めて、自分達でバンドを始めることになった。
監督:矢口史靖 キャスト:上野樹里、平岡祐太、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ


矢口監督のいつもの路線で、ウォーターボーイズと同じノリの作品。普通に面白いんだけれども、軽い。練習シーンはほとんどなく、音楽や演奏がうまくいかなくてどうしようというようなよくある葛藤も全くないので、何となく内容が薄い気がする。素人でもすぐに音楽祭にでれるほど楽器がうまくなるのが前提で、メインは周辺の人間関係的なドタバタ劇になっている。方言はプラスなような、気楽さだけの残る映画ですが、もう少し音楽上の悩みとかがあればもう少し深見がでたんじゃないか。ビッグバンドは懐かしい感じで面白かった。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索