藁の楯 DVD (2013年)

POINT:- 雰囲気映画。

あらすじ:
大富豪の蜷川は娘を殺した清丸を殺せば10億円払うという広告を新聞に掲載する。清丸は福岡で自首し、警察官の銘苅と白鳥は東京までの護衛の任務に就くこととなった。
監督:三池崇史 キャスト:大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、山崎努、岸谷五朗、伊武雅刀


劇場型ではあるものの、社会派にもなりうる作品なのに完全にアクション寄り。役者は戦隊もののような、というか暑苦しいまでにいい演技(ただしよくある邦画的演技)をしてはいるのですが、感動やら共感やらを生むのに必要な登場人物の背景やら思い入れやら全部すっとばしている感じ。刑事も大沢たかおと松嶋菜々子でいつもよく見る感じだし、犯人の清丸も藤原竜也がニヤニヤしているだけといういつものパターンで、面白そうな話でもフツーの刑事ものになってしまっていて残念だ。背景が薄いのに暑苦しいアクションをすると、臭すぎてかえって何故主人公がこんな行動をとるのかよくわからなくて困惑します。この邦画的ノリというかタイミングもまた臭さを倍加する。小説なら気にならないのかもしれないけど、平板なテンポで次々暑苦しい場面が続いてちょっと食傷気味だしかえって展開が無茶に感じてくる不思議。三池だしといえばそうなんですが、最後になるほどなんだかトーンダウンしてる気がしなくもない。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索