清須会議 DVD (2013年)

POINT:☆ それっぽい。

あらすじ:
本能寺の変の後、信長の後を継ぐのは誰か、その後ろ盾となるのは誰か、清洲城で会議が行なわれた。
監督:三谷幸喜 キャスト:役所広司、大泉洋、小日向文世、阿南健治、佐藤浩市、鈴木京香


戦国時代なのに、全く戦闘シーンのない作品だが面白い。何が一番面白いかってキャスティングで、どの人もイメージピッタリで好演している。ああこの武将ってこんなキャライメージ、って感じ。ただ、お使い系の話運びなので、基本的に1つの場面に複数人が絡むというシーンは少ないせいか、いつもの三谷作品のような小回りの良さはあまり感じず少し残念。登場人物は面白かったのだけれども、いつもの持ち味であるコメディ路線の部分のバランスがちょっと足を引っ張ってる気がする。このためか、たとえば小日向文世の秀長っぽい感じとか、役所広司の頭悪そうなところとか、大泉洋のチョロけた感じとかは印象に残るのだけど、映画自体についての印象は案外残らないかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

『清須会議』

『清須会議』 映画化のニュースに触れたとき、 織田家の家臣の合議で跡継ぎを決めるなんて、三谷監督が好きそうな設定だなぁ・・・と 感じたのを思い出しました。 会議場だけの舞台設定で、4人の演者による駆け引きで見せていくという、 まさに三谷演劇にぴったりな設定。 はて、これを映画としてどうやって成り立たせるのかな?というところが肝かなと。 最初、キャストそれぞれの過剰な演技...

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索