ゴジラVSビオランテ DVD (1989年)

POINT:★ 思い出補正。

あらすじ:
ゴジラのG細胞がスパイに狙われていて、回り回って砂漠でも育つ植物の研究をしていた白神博士のものにたどり着く。
監督:大森一樹 キャスト:三田村邦彦、田中好子、高嶋政伸、峰岸徹、高橋幸治、小高恵美


小学生くらいの時に劇場でみた以来。駅が自動改札じゃないとか、8bitPCだとか、何だか凄く懐かしい気分になる作品。必要性はともあれ、妙に英語が多用されていたりと、インターナショナル(世界規模)っぽさを出そうとしている感じ。スパイも入り乱れているけれども、案外大人もターゲットだったんだろうか。ただ全体的にお粗末な部分もあって、たとえば「こっちだ!」と言ってから撃つとか、子ども向けの説明も入っているからアンバランスな感じもする。子ども向けの部分と大人向けの部分のバランスが悪いよね。閣下が出てたりとか結構カメオも豪華なので、大分お金をかけて作った感はあるかも。それにしてもビオランテでかい。随分映画っぽいBGMだなぁ。

ゴジラ / ゴジラvsビオランテ 【DVD】
価格:2430円(税込、送料別)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索