青木ヶ原 DVD (2012年)

POINT:- 迷惑な感じ。

あらすじ:
翌日の樹海での遺体捜索ボランティアの前にバーで飲んでいた村松に、見知らぬ男がボランティアに参加したいと話しかけてくる。村松は特に断る理由もないので同行したら、樹海でその男の遺体を見つけた。
監督:新城卓 キャスト:勝野洋、前田亜季、矢柴俊博、ゴリ


オープニングはもののけ姫かというような荘厳な感じで始まるのに、第一幕から安いサスペンスに早変わりという残念な作品。そもそものストーリー自体に全く共感出来ないので、しみじみされても何だか困る。妻子を捨ててきても何も感じないのかおまえというか、無責任過ぎるだろというか、おそらく映画のテーマと全く反対の感想を抱きながら話は進んでいき(もにょる)、最終的に周りに迷惑をかけまくって勝手に成仏するという残念さ。死んでまで人に迷惑かけるなよと言いたい。原作が石原慎太郎と聞くと何だか納得したりもするのですが、それにしても最後まで見て謎も何もなかったのも残念だな。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索