オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 DVD (2013年)

POINT:★★ 久しぶりの隠れた名作。

あらすじ:
オットは幽霊が見えるほかは普通の青年で、バイトをしてるし彼女もいた。けど、周りの人には変な人だと思われていた。
監督:スティーヴン・ソマーズ キャスト:アントン・イェルチン、アディソン・ティムリン、ウィレム・デフォー、レオノア・ヴァレラ


デフォーが出て居るだけで面白く感じる今日この頃。相変わらずいいとこを持ってきますね。さて、オットは死者が見えるけれども一般人で、死者が見えるのはペンが回せるみたいなちょっとした能力くらいの位置づけで、普通にオットが一般人として生活しているのを実に一般人的に書いている。オットは死者が見えても得意げでも悲観的でもなく、日常になっている点で、オットのこれまでの生活感が伺えたりもする。この日常に紛れて死者がいるっていう描き方がうまい。内容はSFのような、アクション映画のようなシーンもあって、普通の映画の面白さもあるけれども、基本はコメディなのでいい案配にバランスがとれていて面白い。そして死者が見えるオット以外にとっては普通の事件として終止していて、オットを取り巻く日常が壊れていないところも更にいい。CGというか映像も面白い。ただ最後の悲しみはなくてもよかったんじゃないかなぁと思う。後半に結構な発想の転換があります。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索