風立ちぬ DVD (2013年)

POINT:― 猫の恩返しを見た時のような不燃焼感。

あらすじ:
二郎は小さいころから飛行機の設計士になりたかった。大学では設計を学んでいたが、時代は第二次世界大戦(?)へと突き進んでいく+こいばな。
監督:宮崎駿


二郎は実在の人物を複合したキャラクターというのはあらかじめ知っていたものの、二郎が結局どういう人物かが最後になるまでよくわからないうえ、二郎が何をしたいのかも主観的には語られない。伝記物のような描かれ方をするには継ぎ接ぎだし、映像の動画の躍動感は素晴らしいものの、いつものジブリといえばジブリな感じ。戦闘機を作っているというのは会話でわかるものの、最後まで設計した飛行機が実用されたか(実際に戦地で実働したか)は描かれていない。二郎が純粋にいい飛行機を作りたかったというのはわかるのだけれども、完成した飛行機についての愛着というのは主観的に描かれてはおらず、二郎の考えはやっぱり語られない。結局普通の映画で描かれているような風景やら一コマっていうのがごろごろ抜け落ちているので、映画全体を通すと歯抜けな感じがする。戦闘機を作る話なのに戦争をまったく描かないっていうのはある意味すごいが、ピンとくるかというとそれはまた別の話。結局、二郎は世界がどうなろうと飛行機好きなんだねっていうお話し。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

風立ちぬ 【DVD】
価格:4060円(税込、送料別) (2016/8/12時点)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索