テルマエ・ロマエⅡ DVD (2014年)

POINT:- いい尻。

あらすじ:
ローマのルシウスは剣闘士用の風呂をつくることを命じられたが、アイデアが出ずに困っていたところ、気がつくといつのまにか平たい顔族の国(現代日本)の風呂にいた
監督:武内英樹 キャスト:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開


原作既読。登場するローマ人が全部日本人(力士以外)なのになんだこの自然な感じ、というところが前作と同じく第一の驚きポイント。この映画は良い尻と顔芸で成り立っているよね。前作よりお気楽に風呂話が進みますが、典型的な邦画の路線としては(好みか好みじゃないかは別として)前作よりドラマとして成立しているような気もしますし、前作よりは面白いような気もする。風呂のアイデアもシュールで和む。でもこの邦画の生ぬるい平和観は苦手かも。最近歌をいれるのはやってるのかな?ケイオニウスは哀れだ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索