マレフィセント DVD (2014年)

POINT:☆ マレフィセント・・・・。

あらすじ:
人間の国の王様にオーロラという女の子の赤ん坊が生まれ、誕生会にたくさんの者がお祝いにかけつけた。お祝いに招かれない妖精の国のマレフィセントはオーロラに16歳の誕生日までに糸車に刺されて死の眠りにつくという呪いをかける。
監督:ロバート・ストロンバーグ キャスト:アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、シャールト・コプリー、サム・ライリー


マレフィセントは耳より頬骨がとがりすぎ。さて、眠り姫の話でいつも最初にしか出てこない「悪い魔女(仮)」を中心に据えた話です。思ったところに盛り上がりポイントは来ないものの(というか案外平板)、最後はうまく落ちたと思う。王子が空気なところもストーリーがさっぱりしていていいのかな。最近のディズニーは王子が残念な映画が多い気がする。全体的に不思議な質感で、CG部分だけではなくて人間の質感もマットに調節されていて、羽や角とかもCGだと思うけど、本物というよりはむしろ小道具(大道具)っぽい感じ。映像はきれい。それにしてもマレフィセントに同情を禁じ得ない。最後のコスチュームはパンクです。ムーアには王様はいなかったのではないかな。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索