肉 DVD (2013年)

POINT:― チケット買うときは「肉一枚」っていうの?

あらすじ:
パーカーさんちのすむ町の周辺では行方不明者がたくさんいる。パーカーさんちのお母さんのエマが死んでしまって、検死をしたバロー先生はなんだかエマの死体が変なことにきがつきました
監督:ジム・ミックル キャスト:アンビル・チルダーズ、ジュリア・ガーナー、ケリー・マクギリス


あんま怖くないしグロくないお話です。どういう基準で食べるとか食べないとかしているのの差がよくわからないけれども、結局は一家の中の宗教?の話なんだけど、テーマ設定が中途半端な気がする。何故かホラーなのにストイックなのという不思議。こんな映画なのに最後を落ち着いた感じで淡々と描く意味がよくわからない、なんなんだこの最後。これ系の映画でこんな雰囲気なのも珍しいけど、どうしてこうなった感はある。うーん、もっとガーときてキャーっていう展開を期待していたんだけど、そういうのは薄い。長女はちょっと老けて見えますが、長女と次女の人間関係は面白いと思う。パーカーさんの強張った表情はなかなかいい。エロいシーンはあるんだけどこの死に方は哀れというかあまりない気がした。いろんな方向で(主に宣伝方向のせいで)期待倒れな気がする。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[DVD] 肉
価格:3110円(税込、送料別) (2017/3/3時点)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索