映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険 映画 (2017年)

POINT:- やわらかドラえもん。

あらすじ:
あんまり暑いので、のび太は南極で遊園地をつくっていると、一つの指輪を見つけた。調べると、その指輪は10万年も前のもので、のび太は指輪の持ち主に指輪を返すために時間の旅に出る。
監督:高橋敦史


南極から始まって時間旅行をしつつ地球を救う(?)お話。地球を救うのに特定の敵が出てこないっていうのは最近のパターンからすると珍しいのかも。敵を作らなくても話の面白さとしてはまあまあうまくいっている。映画版ドラえもんとしては普通に面白かったけど、記憶に残るほど面白いレベルではない。よかった部分はジャイアンやスネ夫がちゃんと活躍するポイントがあるところ、最近はだいたいモブな作品も多いので、いい感じ。懐かしの道具も色々出てきはするのだけど、道具の説明もなくいきなり使うところは少し不親切。いちいち入れていたら繋ぎとかスピード感が悪いのもわかるのですが、ドラえもんって道具が面白いわけで、ここが端折られると少し寂しい感じ。最近珍しくパッと見のメッセージ性が薄い(押し付けがましくない)作品なので、そのあたりは気軽に見れていいかも。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索