塔の上のラプンツェル DVD (2010年)

POINT:☆ のりがよい。

あらすじ:
ラプンツェルは長い間塔の中でそれなりに楽しく暮らしていた。でも年に1回、夜空にあがる灯籠をいつか見てみたいと夢見ていた。
監督:バイロン・ハワード


ノリがとてもいい作品で、明るく楽しく軽くて面白い。CGもいつも通り綺麗。ただ飛び抜けて面白いというほどではない。他のディズニー作品と比べて歌の尺が少し長いかも。ストーリーとしては基本のラプンツェルの話にゴテゴテと付け加えた感じです。本編と関係無いキャラも結構出てくるし、関係無い小ネタも結構ある。それにしてもラプンツェルはあの髪を自在に扱うっていうのは凄い筋量だなと思った。外の世界に出たことのない少女の期待と失望等が、分りやすい感じで描かれている。ワクワク感が伝わってくる感じ。最後まで裸足というのは何かのメッセージなのかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ブルーレイ+DVD】 塔の上のラプンツェル MovieNEX
価格:3454円(税込、送料別) (2017/5/2時点)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索