ベイマックス DVD (2014年)

POINT:★★☆ ぷにぷに加点。

あらすじ:
中学生のヒロは自分の作ったロボットを地下賭博で戦わせていた。ある日ヒロは、ヒロを心配する兄のタダシに連れられて大学の先端技術の研究室にいくが、その直後にタダシは車にひかれて亡くなってしまう。
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ


賭けの雰囲気が妙に日本(アニメ・ゲーム)的。というか登場人物も日本人名が多く、神田っぽい街並みだし設定は海外のようだが日本っぽい雰囲気にあふれている。メカのバトルは質感が妙に浮いてて面白い。ベイマックスのぷにふわな質感設定をはじめ、全体的に質感が凄くいい。ロケットパンチも出るようなごちゃまぜ感も楽しく、バトルシーンも他の映画と一線を画するレベルかも。展開がシリアスなところでもベイマックスがゆるいところがなんかいい。ストーリーはわりと王道なので、ベイマックスの質感の印象が強すぎて記憶に残らないかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索