FC2ブログ

オール・ユー・ニード・イズ・キル (2014年)

POINT:- 漫画読んでから見たからちょっと違和感。

あらすじ:
近未来、人類はギタイと呼ばれる侵略者と戦っていた。情報官のはずのケイジ少佐は前線に送られてあっさり戦死、ところが、気が付くと着任の朝に時間が巻き戻っていた。
監督:ダグ・ライマン キャスト:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、ノア・テイラー


繰り返し系の王道の話で、ストーリー自体は王道で面白い。ただし、漫画版とは最初からシチュエーションがだいぶん違う、特に中盤以降は全く違い、もはや時間がループすること以外の共通点はなくなるレベル。全然別作品のSFアメコミと考えるとまあ悪くない。うーむ、原作者でこれでいいのかとも思わなくもないけど、アメリカ人的にはこっちのほうがうけるのかな。ともあれバトルして順調に強くなり、フフンっていう感じになるのはまあある意味爽快でもあり、鼻につく感じでもあり、トム・クルーズだからこの笑顔が許されるんじゃないか感。襲い来る侵略者によるスターシップ・トゥルーパーズ的な絶望感はとても素晴らしい、ごちそうさまでした。あと、時間短縮の演出も割と好き。SF的な見せ方はそこそこうまい気もする。原作にこだわらないトム・クルーズかSF好きな人向け。

関連記事
スポンサーサイト



Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索