チャーリーとチョコレート工場 (映画)

3.8点 ジョニー・デップもティム・バートンも好きなんですよ
チャーリーとチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場
俺あらすじ:
世界一のチョコレート工場をもつ天才チョコラティエ、ウィリー・ウォンカ。しかしその工場の中を見た者は誰もいない。ところが一つの大ニュースが飛び込んだ。なんとウォンカチョコレートの中に5枚だけ金のチケットがあるという、そしてその最後の一枚をチャーリーが手にする。
監督:ティム・バートン キャスト:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア
チャーリーとチョコレート工場公式 ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

ああなんというか、たまらなくティム・バートン。斜めの小屋の斜めのドアもチョコのロゴもどこまでも細かく素晴らしくティム・バートンでたまりません。そして軽やかに顔の面白いジョニー・デップ。有る意味最高。ただなんというか、もっとブラックなのを期待していた。シザー・ハンズほどの美しさもなく。問題は多分ちょっとワンパターンなんだよなあきっと。ウンパ・ルンパすごい面白かったんだけどどれも同じテイスト、うーむもったいない、子供もそうですね。最後になぜチャーリーが残ったのか、あれではよくわかりません。折角のチョコレート工場なのにそんなにクローズアップされてなかったというか、もっといろいろ探検したいなという気分にはなりました。総合してさらっと流された気分です。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

映画鑑賞感想文『チャーリーとチョコレート工場』

さるおです。 世界一オカシな工場見学へ行ってきたよ。『CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY/チャーリーとチョコレート工場』を観てきた。 Holy buckets! おもしろかったー! 監督はティム・バートン(Tim Burton)。 音楽はダニー・エルフマン(Danny Elfman)。 原作はロアル.

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索