免疫学個人授業 多田富雄 南伸坊 (本)

3点
免疫学個人授業
病気の原因になる細菌が体内に侵入すると、体はそれらを攻撃する抗体を作る。そのしくみを利用したのが、ジェンナーの種痘。研究者達の奮闘はその後も続くが、やがて素朴な疑問にぶつかる。自分と他人はどうやって区別するのか?そもそも自分とは何か?免疫学の歴史、研究室でやっているコト、そしてエイズ治療など最先端の研究をやさしく楽しく勉強できる、人気シリーズ第2弾。
新潮社
このアイテムの詳細を見る

内容は結構面白いしわかりやすいのだけど、なんだか片っ端から忘れてしまって残念。そういえば免疫ってよく聞くけどあんまりよくわからないし。免疫というのはどうやってばい菌とそうでないのを分けてるかとかどのようにして発見されたかとか書いてます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索