姑獲鳥の夏 京極夏彦(本)

4点。なんだか最近昔流行った本を読んでる気がする。
姑獲鳥(うぶめ)の夏
産の上にて身まかりたりし女、其の執心、此のものとなれり…様々な古典文献を引用しつつ、日本的な家系の悲劇を浮かびあがらせるミステリ。綾辻行人、法月綸太郎、竹本健治も絶賛する大型新人の傑作。
講談社
このアイテムの詳細を見る

なんだか読んでて途中までミステリーなのか推理物なのかよくわからないんですがそういった怪異と現実の間がぼんやりした感じで話がすすんでいくのでミステリーの不思議さと推理系の納得加減があいまっていい感じでした。
なんというか世界観(?)が非常に僕的には入り込みやすかったですが苦手な人には非常によみづらいだろうなぁ。僕は元々近い考えを持つ人なので違和感なく非常に読みやすかったです。
推理物としてはなんかこう、やはり納得しかねるところもあるのですが。全体として推理一辺倒っていうわけでもなくそれにまつわる人物関係に主眼が置かれていて読み応えもあるしこう、臨場感もあります。むしろ推理というかそういうのは長い物語の中で一部を構成してるにすぎないかな。
面白かったのでまた安く売ってたら他のもかってみようっと。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索